2008年07月20日

★ベトナム 経済変調の兆し 巨額投資…韓国動揺 経済★

Xin Chao!!(こんにちは!!)




フジ産経新聞さんにベトナム経済についての記事が掲載されました。




何を今更という感じがしないでもありませんが、現在のベトナム経済をあらわす記事として転記します。




引用ここから
*********************


ベトナム経済変調の兆し 巨額投資…韓国動揺
FujiSankei Business i. 2008/7/19



 高成長を続けていたベトナム経済に変調の兆しが見え始め、同国への最大の投資国である韓国で懸念の声が広がっている。株価が大幅に下落し、通貨危機に陥るとの厳しい見方も浮上してきた。韓国メディアは「ベトナムが経済危機に陥れば、韓国に巨額の投資損失が発生する」と警鐘を鳴らしている。(藤澤志穂子)




 朝鮮日報などによると、ベトナムの4〜6月期の国内総生産(GDP)は前年同期比5・8%増と1〜3月期(同7・4%増)から減速した。農業部門は、今年のコメ生産量が前年比3%増となるなど堅調だったが、世界的な鋼材価格の上昇の影響を受けた建設・不動産部門や政府の金融引き締めの影響を受けた金融部門が伸び悩んだ。




 中国に次ぐ潜在的な成長国として、ベトナムはここ数年、韓国を筆頭に海外から投資が加速。今年6月には、150億ドル(約1兆5700億円)もの資金が流入した。石油精製関連施設に多額の投資が行われたとみられている。




 ◆下方修正・格下げ




 しかし、ここへ来て貿易赤字が拡大するとともに、物価も急上昇し、経済の先行きに対し厳しい見方が広がっている。




 6月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比で26・8%と、過去13年で最大の伸び。食品価格の上昇が続いているほか、住宅・建設資材も旺盛な国内需要を背景に値上がりしている。インフレ圧力の高まりに対応し、政府は政策金利を12%から14%に引き上げた。これに伴い今年の経済成長目標を9%から7%に下方修正した。




 格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とフィッチ・レーティングスは今年5月、同国の公的格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に格下げした。モルガン・スタンレーは6月に公表したリポートで、ベトナムに通貨危機が到来する可能性を警告している。




 ◆累計1兆4000億円




 こうした状況に韓国政府は危機感は強めている。韓国がベトナム投資を拡大したのは、インドシナ半島での「ニッチ(すき間)市場開拓」が狙いだったとみられているが、朝鮮日報によると、1988年から現在までの対ベトナム投資額は累計で135億ドル(1兆4175億円)に上る。




 2007年は45億8000万ドル(約4809億円)で、2年連続で世界最大の投資国となった。現在、進行中の117件の大型建設プロジェクトには、韓国の建設会社70社余りが参加している。




 韓国政府は最近のベトナム経済の現状について「(株価の代表的指標である)VN指数の大幅下落をはじめ、資産価格の下落が目立っており、投資リスク管理の強化が必要」との厳しい認識を示している。




 ベトナム経済に詳しい第一生命経済研究所の西濱徹・副主任エコノミストは、「労働コストが、いまも中国の半分の水準にあるベトナムに、今後も直接投資は続くだろう。ただVN指数の大幅下落は米国のサブプライム(高金利型)住宅ローン問題の影響に加え、国営企業の株式会社化を急ぎ、上場企業が増えすぎたことも原因。産油国ながら精製設備を持たず、価格の急騰した石油を輸入しなければならないという皮肉な構造も持つ」と、ベトナムに政策上の問題点が少なくないことを指摘している。



*********************
引用ここまで



ベトナム経済の問題点を知る上で参考にしてください。




※資産運用は自己判断でお願いします。




【ランキング】:日本ブログ村 ベトナム株 に参加しています。ポチッとしてもらえると、大変励みになします。
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ




【アフリエイト】:ささやかですがアフリエイトをしています。興味のある商品がありましたら利用してみてください。




【姉妹ブログ】:★厳選★ベトナム生活最前線生情報★
厳選したベトナム生活に欠かせない最前線の生情報です!
ベトナムに興味のある方!ベトナム旅行を予定されている方!ベトナム在住・駐在の方!見てみて下さい!!!




※メルマガを発送しています。興味のある方、右サイドのまぐまぐ登録フォームを利用して登録してください。どうぞ宜しくお願いします。




◆ベトナム株式・経済情報を入手するなら以下がオススメ【無料です】



posted by ベトナム大好き at 09:01| Comment(5) | ベトナム 株式 経済 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もちろん、これからも波乱はあるでしょうけど、タイミング的に困った記事ですよねー。上田先生が書かれていた日経の記事もそうですけど、ベトナムにいる人間からしたらまったくピンときませんよね。ただ、7月のCPI はちょっと注目したいです。
Posted by wakita-A at 2008年07月20日 17:13
私のブログトラバックしていいですよ。
Posted by ゆうた at 2008年07月20日 18:15
wakita-Aさん
的確なコメント有難うございます。
上田先生の記事は私も読んでいます。
本当にそうですよね。
ベトナムに居ることによって、客観的に見えないのかもしれませんが、記事のような危機的感覚は薄れてきています。
しかしながら、今後ベトナムに進出してする企業は、今までのように何でもかんでもという企業ではなくて、選択されてくるでしょう。私も7月のCPIに注目したいです。
Posted by ベトナム大好き at 2008年07月21日 14:42
おはようございます。
ベトナムへの最大の投資国が韓国とは初めて知りました!勉強になります!
Posted by シゲ at 2008年07月22日 06:41
シゲさん
訪問&コメント有難うございます。
とても嬉しいです。
ベトナムには韓国人が沢山居ますよ。
統計によると、日本人の10倍の人数が居るそうです。
Posted by ベトナム大好き at 2008年07月22日 10:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。