2008年12月03日

★ベトナム 消費者物価指数★

Xin Chao!!(こんにちは!!)


ベトナムの統計局より11月度の消費者物価指数(CPI)が発表されました。


詳細は以下の通り。


11月の消費者物価指数(CPI)は前月比で0・76ポイントの下落。CPIが前月比で下落したのは2カ月連続。一方、昨年同月比では24・22%上昇と依然、20%を超える上昇率だが、10月の26・72%からは2・5ポイント下がった。


 11月のCPIは昨年末比では20・71%上昇した。1?11月は昨年同期比23・25%の上昇としている。


品目別の数字を前月比でみると、食糧・食品・外食と住宅・建築資材、運輸・通信がそれぞれ0・07ポイント、4・86ポイント、4・4ポイント下落した。


 食糧・食品・外食の下落幅は、10月の0・42ポイントからかなり縮小した。洪水に伴う北部から中部にかけての食品高騰が影響したもよう。実際、地域別の統計では、食糧・食品・外食はホン川(紅河)デルタが0・95ポイント上昇、北部沿岸(北東部)が0・47ポイント上昇、北中部が0・59ポイント上昇と、北部から中部にかけての大部分で上昇となっている。


12月1日にガソリン価格が再値下げとなっており、インフレは沈静化の方向に向かう材料となりそうですが、洪水の影響も依然として受けており余談は許しませんね。


活気に満ちているベトナム経済。下記のベトナムファンドで資産を運用してみませんか。まずは資料請求をしてみては如何でしょう!!
ベトナム経済情報を誰よりも早く入手することが出来ます!!
もちろん無料です!!







※資産運用は自己責任でお願いします。
posted by ベトナム大好き at 22:58| Comment(0) | ベトナム 株式 経済 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。