2008年12月17日

★ベトナム 来年の為替★

Xin Chao!!(こんにちは!!)


今年のベトナムドン相場は不安定でした。また、多くの専門家が来年もこれが続くとしています。
今年第1四半期のドンは銀行間取引が1ドル=15,960ドン前後、自由市場が同15,700ドンでしたが、第2四半期にはドン安が進み6月には19,500ドンとなりました。その後国家銀行が介入を始め、第3四半期には16,400ドン前後で落ち着きました。しかし9月以降、再びドン安が進み1ドル16,998〜16,985ドンで推移し、自由市場では17,000ドン以上となりました。
ベトナム投資開発銀行(BIDV)によると、第1四半期には昨年末から今年2月にかけて多量の外貨送金がされ、多くの海外投資家が債券を購入し、低金利のなか大量のドルを借り入れ、資金をドンに両替し生産、投資へまわす輸出企業が相次ぎました。第2四半期には6月までの貿易赤字額が72億2,000万ドルに達し、輸出入会社の借入金返済のため、ドルの需要と金の輸入が増加しました。
その後、外国投資家は債券を売却(9〜11月までの債券売却額は7億ドル、株式売却額は1億ドル)、ドルによる海外送金を始め、その時期のドル需要は1日約4,000万ドルにも上がりました。さらなるドン安を予想した国民は預金を崩してドルを買い、また貿易赤字額は10月、11月で11億7,000万ドルと増加傾向が進みました。


BIDVはこのほど、来年の為替変動について3つのシナリオを発表しました。

@貿易赤字額:190億ドル、▽外国投資家による資金流出額:15億ドル、▽海外直接投資額:100億ドル、▽海外からの送金:45億ドル、▽ODA関連:15億ドル、▽国際収支:マイナス45億ドル。

A貿易赤字額:210億ドル、▽外国投資家による資金流出額:15億ドル、▽海外直接投資額:100億ドル、▽海外からの送金:40億ドル、▽ODA関連:15億ドル、▽国際収支:マイナス70億ドル。

B貿易赤字額:230億ドル、▽外国投資家による資金流出額:15億ドル、▽海外直接投資額、海外からの送金、ODA関連総額:155億ドル、▽国際収支:マイナス90億ドル。


最も可能性があるのがAで、その場合にベトナムドンは3.5〜5%下がり、来年第2四半期終わり頃に最安値の1ドル=18,000〜18,200ドン、その後安定し年末には17,600〜17,800ドンになると予想されています。


以上、ベトナムの来年の為替情報でした。


活気に満ちているベトナム経済。下記のベトナムファンドで資産を運用してみませんか。まずは資料請求をしてみては如何でしょう!!
ベトナム経済情報を誰よりも早く入手することが出来ます!!
もちろん無料です!!







※資産運用は自己責任でお願いします。


ラベル:為替 ベトナム
posted by ベトナム大好き at 00:02| Comment(0) | ベトナム 株式 経済 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。