2008年12月24日

★ベトナム 来年の経済成長率★

Xin Chao!!(こんにちは!!)


世界銀行が12月10日に発表したアジア経済に関する最新報告で、2009年のベトナムの成長率は6.5%と予想されました。


近隣諸国の成長率は▽タイ:3.6%、▽マレーシア:3.7%、▽フィリピン:3%、▽インドネシア:4.4%、▽シンガポール:1.2%となっており、ベトナムが東南アジアで最も高いですね。


これについて世銀のMartin Rama氏は、各国が世界的な金融危機の影響を被っており、ベトナムも例外ではないとしながらも、ベトナムは危機の前に構造改革を行っていたため、対処に向けた好条件が整っているとしました。


現状について世銀のアジア地域経済専門家Vikram Nehru氏は、史上最も深刻な危機で、中国を含めた各国の経済規模を縮小させていると分析し、危機が過ぎ去った後も影響を克服するには1年半以上かかるとしています。


Nehru氏によると、アジア各国は「嵐」を避け、外的リスクを軽減するために最も効果的な経済救済策を展開している。各国は、適切な分野への公共支出を増やしており、外需の減少が予測されることから国内の消費を促がす資金の投入や、貧困者の社会保障として金銭的な支援を検討している。


報告書を作成したIvailo Izvorski氏によると、現状を前にベトナムは、迅速かつ的確な対処が求められる。このような大規模な危機はかつてなく、今後の予想は難しいが、特にベトナムのような発展途上の経済には危機が過ぎ去った後、輸出の伸び悩み、インフレ、外国資本の減少などが、襲いかかるとしています。


Rama氏は、最近は多くの困難や物価変動もあったが、ベトナムは以前から解決策を講じており、それがいくらか効果的に作用したとし、ベトナムにとって最も重要なのは金融管理改革だと指摘しています。


ベトナムは、縫製品や水産物、青果など消費財の輸出の増加が予想され、世銀は、ベトナムは高インフレがすでに落ち着いたことから、来年も引き続き多くの外国直接投資が集まると予想しています。


以上、ベトナムの来年度経済予想でした。


活気に満ちているベトナム経済。下記のベトナムファンドで資産を運用してみませんか。まずは資料請求をしてみては如何でしょう!!
ベトナム経済情報を誰よりも早く入手することが出来ます!!
もちろん無料です!!







※資産運用は自己責任でお願いします。
posted by ベトナム大好き at 23:08| Comment(0) | ベトナム 株式 経済 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。